ファクトリエがイノベーションを起こせる理由

ファクトリエがイノベーションを起こせる理由

私が気になる経営者や起業家のインタビューを

マイナビニュースで行っています。

先日は「工場再生と100年企業創り」というテーマで

ファッションブランド・ファクトリエ

代表取締役・山田敏夫氏に話をうかがってきました。

今日はそのときの対談から、筆者井上がインスパイアを

受けたことを紹介したいと思います。

 

ファクトリエは、メイドインジャパンの

工場直結ファッションブランドです。

職人の情熱と最高の技術がつまった

人に語りたくなるものを長く大切に使ってもらいたい

そんな想いと共にお客様に語れる本物をお届けします。

国内600以上の工場へ直接足を運び、

世界の一流ブランドから生産を依頼されるような

高い技術、誇り、独自のこだわりを 持っていると判断した工場のみと

直接提携し、商品を生産しています。

また、中間業者を介さず工場と消費者を直接結ぶことで、

工場独自のこだわりを詰め込んだ高品質な商品を

"適正価格”でお客様に提供しています。

 

この仕組みにより、工場は適正な利益を確保でき、

職人の技術やこだわりがつまった語れる“本物”を作れるようになったのです。

山田氏は古いと思われていた日本の工場を資産に変え、

そこをブランド化することで差別化をはかったのです。

 

『本物のブランドは、モノづくりからしか生まれないと思っていて。モノづくりの本質や原点があるのは、やっぱり工場です。だから、工場に足を運んで、そこで仕事をしている職人さんと話したり、表情をみたり、仕事ぶりをみることがとても大切だと考えています(山田敏夫)』


山田氏はグッチのパリ店で働いているときに

メイドインジャパンの印象が良いことに気づきます。

イノベーションは移動距離の長さや多様性から生まれると言いますが

日本の洋服工場を再生し、ブランド化するというアイデアが生まれ

日本独自のファクトリエというブランドを創造しました。

古いと思われている工場に、デザインや機能性を掛け合わせることで

山田氏は汚れない白デニム』や『永久交換保証ソックス』などの

コンセプト型の商品を続々と産み出しています。

洋服工場からイノベーションを起こすファクトリエに

筆者は今後も注目していきたいと思います。