中小企業診断士とタッグを組む理由

スクリーンショット_2020-03-10_13.09.39.png

Business card photo created by jcomp - www.freepik.com

経営者にとって、経営課題や経営上の悩みは以下の3つに集約されます。

 

・売上

・資金繰り

・人

 

です。

 

多くの中小企業・ベンチャー企業の経営者のみなさんにとって、

「うちの先生」といえば税理士のことなのですが、

残念なことにこの3つの問題すべてに多くの税理士は対応できません。

 

税理士の仕事は、一言でいえば税金の適正な計算です。

納税者と税務署の間に立ち、税金の利害調整をすることが役割といえます。

 

税金の計算とは、基本的には過去のことです。

 

しかし、経営者のみなさんにとっては

過去よりも未来のことの方が重要ではないでしょうか?

 

売上をアップさせること、より魅力的で売れる商品を開発すること、

財務を改善し銀行評価を上げること、より良い条件で借り換えること、

人を採用すること、定職率を上げるマネジメント…

 

これらはすべて未来のことです。

 

実は私は、税理士になるか中小企業診断士になるか

学生の頃に迷った経験があります。

 

前述のとおり、多くの経営者のみなさんにとって

「うちの先生」は税理士のことです。

身近な存在ですから、私は税理士の道を歩んで良かったと感じています。

 

事実、経営者の方からさまざまなご相談をいただきます。

 

しかし実は、税理士よりも資金繰りを含む会社経営の未来の問題には、

中小企業診断士の方が近い存在なのです。

 

ですから私は、専門士業の垣根を超え、

中小企業診断士と税理士・会計事務所が協力して

中小企業・ベンチャー企業の経営支援にあたることが

経営者のみなさんにとってもメリットになると思うのです。