なぜ経営者にとってメンターと出会うことが大切なのか?

スクリーンショット_2020-03-29_17.48.32.pngRestaurant photo created by freepik - www.freepik.com 

成功者は、歴史にその名を残し、記録を語ることができます。

歴史に残る記憶・記録とは、活字になる話で、ほとんどが成功の話で埋め尽くされています。

 

一方、ほとんどの失敗者は黙して多くを語りません。

 

しかし成功の経験則とともに大切なのは、

 

「このやり方では絶対に失敗する」

 

という失敗の経験則です。

企業が生き残るためには、失敗の経験から学ぶことが極めて多いはずです。

 

大きな成功を収めた経営者には、必ずメンターがいます。

 

どんなに優秀な人でも、IQが高いだけでは成功できません。

情報ばかり持っていても成功することはできません。

 

経営の現場は、常に変化し続けます。

 

変化に対応し、成功し続けるためには、メンターが必要です。

 

経営者になった瞬間から、

今までに経験したことのない出来事に見舞われます。

 

経営とは、戦いそのものです。

 

信じられないようなことが起こります。

側近の裏切りや、悪意で落とし穴を作られることもあるでしょう。

 

テレビで見る、記者会見で謝罪する経営者たちは、

謝罪することを望んで経営者になったわけではありません。

 

想像もできないようなトラブルが起こったとき、

解決策のヒントを教えてくれる失敗の経験則が必要になります。

 

勝ち残った経営者たちは、危機に立ち向かい、

試行錯誤の中でブレークスルーして生き残れた人たちです。

 

そのような人たちは、成功の経験則とともに、その数倍にも及ぶ失敗の経験則をお持ちでしょう。

成功者は、成功の経験則だけでなく、失敗の経験則も語ることができます。

 

なにをやってもうまくいかないとき、どうして良いかわからないときに、

あなたが目標とするメンターがいたらどうでしょうか。

 

容易に答えを見出せるかもしれません。

苦しいときに、メンターだったらどう対処するだろうと考えることで、答えに近づけるでしょう。

もちろん、そのメンターに直接質問ができたら、なおすばらしいことです。

 

自分が憧れるメンターに出会えるということは、

自分の経営のロールモデルがすぐ近くにあるということです。

 

そのようなメンターを見つけられる能力だけでも、経営者としての適性があると私は思います。

憧れ、尊敬できる経営者とはなかなか会うことができません。この出会いは運です。

 

できればその人のところに行って、

 

「あなたは私のメンターです。私は勝手にあなたを私の師匠だと思っています。

ですから、もし良かったらいろいろなことを教えてください」

 

と告白してみましょう。

 

メンター、師匠と呼ばれて気を悪くする人はいません。

照れながらも、その人はたくさんのことを教えてくれるはずです。

 

さまざまな勉強会に参加し、さまざまな経営者と会い、憧れられるメンターを探してください。

 

メンターのすべてを尊敬できなくてもかまいません。

この部分はこのメンター、この部分はこのメンターと、

複数のメンターを持っても良いのです。

 

これから起業しようとする方はもちろん、

経営経験の年数に関わらず、

経営者の方にはメンターとの出会いを大切にしていただきたいと思います。