なぜ起業前に成功ノウハウを手に入れる必要があるのか?

スクリーンショット_2020-03-29_18.04.06.png Business photo created by yanalya - www.freepik.com

私どもSAKURA United Solutionでは、

これから起業したいという方には

まずは多くの方に会うことをオススメしています。

 

起業したいと思う業界の経験者、

できれば経営トップの方に最低でも3人は会っていただきたいです。

 

さらに、成長戦略を取るうえで必要であろう士業や専門家とも、

起業する半年以上前から接点をぜひ持ってください。

 

ビジネス交流会など、先輩経営者や士業、専門家と出会う場は

数多く存在します。

 

なかには、「私のメンター」と呼べるほどの出会いがあるかもしれません。

 

居酒屋・和民の渡辺社長は、明治大学在学中

卒業旅行で見たアメリカのレストラン経営に感動し、居酒屋を作ろうと決めたそうです。

 

ご本人は佐川急便の高収入な仕事に就いて開業資金を貯め、

一方で居酒屋業態のノウハウを吸収するために、

当時隆盛を誇ったつぼ八に自分のパートナーを送り込んでその中身を研究したと聞きます。

言葉は悪いですが、スパイを送り込んだと言われています。

 

私は、つぼ八創業者の石井誠二さんに、この話を直接伺ったことがありました。

つぼ八は、初めて入社した大卒の新入社員に大変喜んだそうです。

実はその新入社員は渡辺さんが送ったスパイだったのです。

 

そのことを石井さんに聞いても、全く恨みがましいことはお話にならず、

極めてサッパリとした男らしい方でした。

 

見方を変えれば、和民の渡辺社長は、合理的判断で成功ノウハウを学ぶために、

成功している企業に弟子入りさせたということです。

 

私どものお客様で、学生時代にコンビニでアルバイトをして、

コンビニの経営者になると決めた方がいます。

 

独立することを心に秘めてセブン-イレブン・ジャパンに入社され、

後に社員独立制度で独立して、オーナーとして複数店舗持たれ大成功している方です。

 

その方は最初から目的が明確なため、

セブンイレブン本部で加盟店を直接指導するスーパーバイザー(セブン-イレブン・ジャパンではフィールドカウンセラーと呼ばれています)になりました。

 

その方にとって成功する加盟店オーナーは、将来の自分の理想の姿であるわけです。

加盟店経営者の立場でモノを考えられるわけですから、目のつけどころが違います。

 

スタンスやモチベーションが違いますから、

当然セブンイレブンのフィールドカウンセラーの中でも頭角を現したのだろうと思います。

 

加盟店オーナーの立場から見て、コンビニで成功する要因は2つあります。

1つは立地。1つはどれだけ優秀なアルバイト集団を集められるか。

この2つに徹底的に集中したのです。

 

どのような立地のお店のオーナーになったら良いか、大量の情報を目にするわけです。

そして、どのようにそのお店を手に入れて独立できるかも、組織の中に入ればわかります。

成功する舞台裏を見てしまうわけです。

 

それぞれの業種や業態独自の成功条件は様々です。

 

成功法則を業界の舞台裏から見てから、その後に舞台に乗ることで失敗を最大限防止する。

大成功の前に、まずは失敗しない法則を学ぶこと。

 

起業前には、しっかりと準備をしていただきたいと思います。