なぜコンサルティングではなくコーチングなのか?

スクリーンショット_2020-03-29_17.06.39.png

Business card photo created by rawpixel.com - www.freepik.com

コンサルティングとコーチングの定義には、さまざまな考え方があります。

 

私は中小企業やベンチャー企業の経営支援をするために存在しますから、

定義の違いについて主張したり論ずるつもりはありません。

 

SAKURA United Solutionでは、

コーチングを「社長と伴走すること」と考え、

経営者の方々のためのノウハウやノウフーをご提供しています。

 

私が会計事務所の経営者としての道を歩み始めた約30年前から、

 

「会計事務所は、MAS(マネジメント・アドバイザリー・サービス)に

対応しないと生き残っていけない。MASができないと将来は危うい。」

 

といわれてきました。

 

しかし、それから30年が経っても

MASができている会計事務所の数は多くありません。

 

私は、前述の「社長と伴走する」コーチングと、

中小企業やベンチャー企業の経営者の方々に

よりよい経営ができるような環境をご提供することが

私どもの役割だと考えています。

 

売上アップ・成長戦略、資金調達・資金繰り改善、人材採用やマネジメントなど

さまざまな経営課題の解決方法を一方的にご提示するのではなく、

 

各対策やスケジュールを決めるためのコーチング。

各対策がスムーズに進むようにするためのコーチング。

 

そして、必要に応じて専門士業や専門コンサルタントを

他社からでも招集してご協力いただくノウハウとノウフー。

 

これらの環境をご提供し、経営に役立てていただくことが大切だと思います。

 

自社経営や業界のことをもっともよく知っているのは、

私どもではなくやはり社長ご自身です。

 

しかし、日々忙殺されてしまい

スーパーマンのように

会社の過去・現在・未来のことすべてに対応しなければならない、

そんな状況があると思います。

 

時折立ち止まり、

会社の方針や目的地を決めること。

 

ビジョンやミッションを明確にし、

会社の存在目的も再認識すること。

 

そこから、3年・5年の中期経営計画を立て、

さらに1年毎の短期経営計画にまとめること。

 

毎月の予実管理を行い、予算と実績を確認すること。

 

なにを達成できたか、なにを達成できなかったか、

どうすれば達成できるか、いつまでに達成するかを

役員会議・経営会議のなかで確認しながら意思決定すること。

 

それらの環境を、私どもSAKURA United Solutionのコーチングによってご提供致します。

 

会社の規模が大きくなれば、さまざまなことを分業できるようになります。

 

経営者は、より経営に集中できるようになるでしょう。

 

しかし、そこに到達するにも

日々多忙で忙殺されてしまうと簡単ではありません。

 

そんな経営者の方々のために、私どもが伴走者としてサポート致します。